市民雑学講座

  • HOME »
  • 市民雑学講座

市民雑学講座

我が東村山稲門会の目的の1つに「東村山市の文化向上に寄与する」とありますが、正にこれを実践する代表的な企画が、市民雑学講座です。

市民雑学講座の第1回は、平成11年1月9日「ビールに見る嗜好の変化と企業の栄枯盛衰」というテーマで、会員の元アサヒビール副社長藤沢博恭氏にお願いしました。
以降、年平均4~5回の講座を開催しています。最近は4月、6月、8月、12月の開催ということで定着しています。市民向けのポスターを作成し、公民館等へ掲示、市民参加者の名簿を作成し葉書によるご案内も行い、最近では市民の参加者が会員を上回るという状況です。
昨年、平成28年4月の講師は西原春夫元早稲田大学第12代総長、6月はIT&ネット媒体に詳しいジャーナリストの津田大介氏、10月は改革派知事として画期的な実績を残した元三重県知事でマニュフェスト選挙提唱者の早稲田大学名誉教授北川正恭氏と多士済々でした。

12月は平成22年から市民雑学講座の一環として映画会を開催しています。平成28年は第1回日本アカデミー最優秀作品賞・山田洋二監督・高倉健主演の名作「幸福の黄色いハンカチ」を、平成27年はミュージカル映画の傑作と言われる「サウンド・オブ・ミュージック」を上映し大好評でした。これまで「若草物語」「二十四の瞳」「ビルマの竪琴」「ローマの休日」「青い山脈」と名画を上映し、毎回百数十名の参加があり、市民の皆様にも好評です。今後ともタイムリーなテーマで多くの市民の参加を募り、社会貢献の一環であるという意気込みで継続実施しています。
会場はサンパルネ・コンベンションホールを中心に市民センター、ふるさと歴史館等、企画に合った会場を使用します。

1

2

次回のご案内前回の報告

文字の大きさ

   
PAGETOP
Copyright © 早稲田大学校友会 東村山稲門会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.